Skip to main content

小林千咲さん
(アトリエえとす・スペースえとす)

【働き方】パート 週3~4日
(月・水・金:アトリエえとす 土日どちらか:スペースえとす)

ハビリスデザインで働き始めてどのくらい?

2020年4月の立ち上げのときから働き始めました

これまでは、マクドナルドで15年ほど働いていました。こちらで働きたいと思ったきっかけも、マクドナルドにあったんです。障がい者雇用をされている方の男性と出会い、ガラッと「障がい」への印象が変わりました。心が、とてもきれいな方だったんです。何をやっても感謝をする方で、すごくポジティブで…正直、私の中には偏見があったんだと思います。なので、そういう方がいるんだと知り、その方に感銘を受け、何か私にできることはないかなと思い、「障がい」という領域で働かせていただきたいという気持ちになったんです

働き始めて、印象はどうでしたか?

最初は、Cafe MUDDLE.で働くつもりで、こちらに来たんです。今までが飲食だったということもあり、キッチンに応募した感じでした。自分なりに「障がい」に関わる仕事がしたいけど、やはり、今までに近い分野から入っていこうかなと。実際は、定員がいっぱいになってしまっていたので、そこでは働けず、こちらを紹介されたって感じでした。

実は、自宅で母の介護をしていたので、介護というのは少し近いイメージもありました。ただ、実際に入ってみると、高齢者の介護とは全然違うし、私が思っていたイメージとは結構違いがありました

何といえばいいんでしょう…。普通」なんですよね、そのことにもビックリしました。「障がいのある方」って構えていたつもりもなかったのですが、来ている方との会話も「普通」だし、本当に「普通」だなと。あとは、全部の考えがポジティブな方が多いです。保護者の方もポジティブで、今までイメージしていた世界がまたガラッと変わった感じでした。

これまでは、よく分からない世界で、モヤモヤしていたのですが、関わってみたら、全部ピンクって感じでした。なので、今すごく楽しいんです。今までやってきた30年間くらいの仕事の中で、今が一番楽しいです。本当にみんなに感謝って感じですね。

仕事内容は?

私は「アトリエえとす」と「スペースえとす」の両方で働いています。

これまでは、アトリエえとすで3日、スペースえとすで1日という働き方だったのですが、最近は緊急事態宣言の影響で、スペースえとすの利用者さんが減っているので、アトリエえとすで週3日って感じです。

仕事内容としては、スペースえとすでは、見守りが基本ですね。食事の場面でサポートしたりということもありますが、基本的に、その方々のやりたいことを見守りながらサポートする感じです。帰る時間まで、家にいるようにのんびりと過ごしてくださいねって感じですね

アトリエえとすの方は、療育なので、アート活動などやったり、個別支援計画に沿ってやっていく感じですスペースえとすの一時預かりとはそこが違うと思っています。

仕事の楽しいところは?

全部が楽しいですね。○○が楽しいと、ひとつに絞れない感じです。働いてみないと分からなかったです。障がいのある方と関わるのも楽しいし、一人ひとり全然個性が違うので、お会いして関わるたびに「わ~こんな個性が!」と新しい発見があり、それが本当に楽しいですね。

大変なことは…ないですね(笑)本当に全部がピンクって感じなので、仕事に来ては、楽しみをもらい、退勤時間になると、「あーもうみんな帰っちゃった」「もう終わっちゃった」って感じですね。帰宅中などは「明後日、また仕事に行けるな~楽しみだな」って思いながらですね。

仕事で、今日少し早く来れますか?って言われるときもあり、そうすると「わぁ~嬉しい!行きます行きます」って気分になります。

職場の雰囲気は?

スタッフの雰囲気もいいです。裏表がないといいますか、クリアな感じなんです。やはり、職場って人間関係によってはドロドロとしてしまったり、難しいところもあると思っているのですが、そういう嫌な感じが、ここには丸っきりないのがすごいなと思っています。

あと、我が家は母の介護があるので、職場の皆さんに助けてもらっています。18時30分すぎには最後のオムツの交換などがあるので、それまでに帰宅したい旨を話したところ、伸びても18時まででいいよって言っていただいています。本当にありがたい職場です。そういう体制を会社としてとってもらえているのが嬉しいし、安心して働けます。掃除とかも、そのくらいにして帰っちゃっていいよって心から言ってもらえているのがすごくありがたいし、嬉しいです。

仕事で心掛けていることは?

活動の中で、ケガをさせないように、というのは大前提に思っています。あとは、利用者さんが家に帰ったときに、「あーあそこ嫌だった」と思われず、「今日も楽しかった~」って帰ってもらえたらなと思っています。家に帰ったときに、ご家族に「楽しかった」って話をしてもらえるような日をつくっていきたいなと思いながら、毎日を過ごしています。

この仕事のこと、ご家族は応援してくれていますか?

実は、うちの家族は、長女は看護師を目指していて、次女は福祉科のある高校へ行っていて、スペースえとすさんでバイトをさせてもらってるんです。

なので、次女とは、「今日の利用者さんはこんな感じだったよ~」とか、「ご飯はこれを食べたんだよ」「え~!良かったね~」なんて楽しい話をしています。他にも、こういうときはどうしたらいいんだろうという相談をすることもあったり…なので、この楽しい職場の雰囲気が家でも続いている感じです

介助の方法などは、子どもたちのほうが先輩なので、いろいろ教えてもらっています。こういうときはどう支えたらいいかな、とか。親子の会話としても、共通の嬉しい話題があり、盛り上がったり、広がったりする感じですね。職場の話って、これまでは、仕事の愚痴とかになってしまうことが多かったのですが、ここで働き始めてからは違いますね。

嬉しい話であふれるのと、その方に対しての前向きな話だから、家での会話も楽しくなるのかもしれないです。「次会った時に、○○さんにこうしたい」とか、「こう関わりたい」という、前向きな話になるんですよね。家での会話もピンク色になりました(笑)

最後に教えてください!
あなたの「My Smile」は何ですか?

「関ジャニ∞」が、すごく好きですね。ヨコ(横山くん)が好きです。うちの次女は、ヤスくんが好きで、写真集を2冊買っていることもあります(笑)。あと、いろいろな写真集を買っては、実際に大阪へ行って、同じ場所で同じポーズで撮ったり、DVDも見ては、同じ場所で同じポーズを取ったり、コロナで最近は行けていないのですが、結構遠くまで行きますね。「これであってる?あってる?」なんて言いながら、撮っていましたね(笑)

もうずっとやってますね、どれくらい前からだろう…ファン歴は長いと思います。ちなみに長女は錦戸くんが好きだったので、一時期はみんな揃って、関ジャニ∞ファン。うちわは、みんなが個々にそこら中に飾っているって感じでした

関ジャニ∞の良さは、メンバーの仲の良さですね。見ていて気持ちが良いですね。裏表もないし、心から笑えるし、特典DVDとか何回見ても、ゲラゲラ笑っちゃう感じです。

あとは、「猫と戯れること」ですね。家の物置で迷いこんできた猫を飼っています。2019年の夏でしたね。すごくかわいいので、癒されますね。胸にべったりくっついてくるんです。「てん」という男の子です。

私にとって「ハビリスデザイン」は

『夢の会社』