福島美穂さん
(ケアセンターふわふわ・えとす児童クラブ)

【働き方】パート・配膳スタッフ
(火・隔週木・金 11:15~13:15:ケアセンターふわふわ 月 14:30~16:30:えとす児童クラブ )

「ケアセンターふわふわ」で働き始めたきっかけは?

きっかけは、求人に載っていた『いろいろな働き方ができます』という言葉でした。もともとヘルパーの資格を持っていたので、ヘルパーとして働けるかなと思い、応募したのですが、そのときはヘルパーの枠はもうなかったんです。でも、せっかくのご縁だしということで、配膳スタッフはどうでしょうとお声をかけていただきました。

私の場合、短時間の仕事を探していました。理由は、娘がふたりいるのですが、どちらも障がいがあります。長女は軽度の発達障がいで支援級、次女は重度の知的障がいで、自閉症です。次女が放課後等デイサービスを使えるようになったので、その時間をつかって働こうと思い、短い時間の仕事を探し始めました。

あと、大きな理由としては、娘の将来を考え、少しでもヒントをもらえればと思う気持ちと、自分自身が少しでも役に立てば…と思い、働こうと思いました。

なので、ケアセンターふわふわでは、2019年3月から、週2~3日、2時間というスタイルで働いています。

配膳スタッフとは、どんなお仕事?

いわゆる給食当番のようなお仕事です。

私の勤務時間は、11:15~13:15なのですが、11:30くらいに食事が運ばれてきて、当日の利用者さんとスタッフさんの分(食事を食べる人のみ)の食事を食器に盛るなどの配膳をし、食べ終わったら、食器を洗うという仕事をしています。

食事は隣にあるMUDDLE.でつくっているので、調理のスタッフではありません。また、利用者さんによっては、小刻み食やミキサー食など、形態を変える必要があるのですが、それは利用者さんの近くで働くスタッフさんがやっているので、私の仕事はあくまで配膳です。

洗い物は日によって食器が違ったり、使う食器の量が多いこともあるので、そういう大変さはあります。利用者さんはだいたい15~16名、スタッフさんは2~3名くらい、合わせて20食いかないくらいの準備をすることが多いです。

配膳スタッフは1日1人で、1週間を2人のスタッフで分担しています。私は、もともとレストランなどの飲食業を若い頃やっていたので、配膳という仕事に対する抵抗はなかったですね。

職場では、利用者さんと関わることは?

ほとんどないです。結構忙しく、配膳・洗い物という感じなので、皆さんに背を向けて、黙々と洗い物をしている感じがあります。

ただ、利用者さんとスタッフさんとのコミュニケーションがよくとれているので、いい雰囲気の中、仕事しています。誰とでもまんべんなく話せるスタッフさんが多く、明るく活気にあふれていて、利用者さんはいつでも笑顔でフレンドリーっていう感じですね。

その様子を、背中越しに感じながら、せっせと仕事をしています(笑)

でも、同じ空間にいるので、利用者さんと関わることもたまにあります。そのときに、言葉が聞き取れなかったり、こちらが理解できなかったり、申し訳ないと思う場面があるんです。そうすると近くにいるスタッフさんが教えてくれたり、あとはその場で通訳してもらうのも利用者さんに悪いなと思う流れのときは、その瞬間はそのままにし、あとから教えてもらうこともあります。私自身もせっかく利用者さんが発信してくれたことを分からないままにしておくのは嫌なので、結構あとからスタッフさんに聞いたりしていますね

配膳スタッフとしての達成感や喜びは?

時間内に余裕で終わった!というときですね。正直、あまりないのですが(笑)

意外に早く終わったというときは、周りの掃除ができたり、ほかのことに目が向けられたりするので、達成感があります。

あと、仕事の中で大切にしていることは、洗い残しがないことですね。何でも早くやればいいわけではないので「丁寧に、てきぱきと」を大事にしています。あとはコロナ禍ということもあるので、細菌やウイルスがつかないように必ず乾かすようにしています。乾燥機にかけても、どうしてもお皿が重なってしまい、水滴がついてしまうこともあるんです。それを必ず確認して、拭くように徹底しています。

「ケアセンターふわふわ」のいいところは?

スタッフさんが良くしてくれていますね。同じ職場でも、スタッフさんとは仕事が別になるので、配膳スタッフは、割と孤立しているように見える一人職なんです。だけど、それを感じさせない雰囲気があるのがすごく嬉しいです。食器を下げる時に話しかけてくれるなど、すごくいい雰囲気をつくってくださっています。利用者さん主体なので、長時間話すとかはないのですが、短い会話の中でも親しみと温かさがあるおかげか、すごく一緒に働いている感というかつながっている感じがあります

あと、さっきも話したのですが、利用者さんとスタッフさんのコミュニケーションの雰囲気がすごく良くて…雰囲気って大切ですよね。利用者さんの細かいことまでよく気がついて配慮しているスタッフさんを感じては、いい職場だなと思っています。利用者さんとスタッフの方が、人として対等で、分け隔てなく笑い合っているんです。

どんなメニューがあるのか気になります!

メニューは月間の献立があって、内容も主食があって、おかずがあって…と、学校での給食のイメージにも近いと思います。

今日の「ケアセンターふわふわ」は、スペシャルだったんです!クリスマス会だったので豪華でした。ドリア、オニオンリング、チキン、ハンバーグ、フライドポテト、コーンスープ、ミニおにぎり2つでした。こうやって、イベント的要素があるのも大切なことですよね。利用者さんたち、皆さん満腹なご様子でした(笑)さらに、今日はクリスマスケーキも出るので、季節を感じられるお楽しみの日です

ちなみに、もう1か所の天神町の児童クラブでは、日頃のおやつもメニューがしっかりしていて。ラーメン、炊き込みご飯と、お味噌汁…スープ、あんかけ焼きそば…スタッフさんがつくったゼリーなどなど。おやつなので、15時40頃に提供していますね。

最後に教えてください!
あなたの「My Smile」は何ですか?

時間がなくても、これをやりたいって思えるのは「リメイク」「小物づくり」です。
いらない服とか布で、小物を作ったり、アクセサリーをつくったり…。今つけているマスクは大したものではないのですが、私はよくイヤリングをなくしてしまうことが多いので、片っぽになってしまったイヤリングをちょっとマスクに飾ってみた感じです。細々をしたものをつくるのが本当に好きで、それが至福のときです

私にとって「ハビリスデザイン」は

『人がみんな対等で、分け隔てなく笑っている会社』