白米・玄米を無料配布 長後こども食堂(掲載号:2020年7月31日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/07/31/537029.html
9月までの毎週土曜日に、シェアカフェ長後食堂(高倉650の4)で、炊いた白米・玄米の無料配布が行われている。午後6時から7時まで。主催は長後こども食堂。ひとり親家庭やコロナ禍で収入が減った世帯などを支援する目的で、希望者は誰でも対象。タッパーなどを持参。


「湘南助産師会」が発足 5市3町 産後ケア拡充へ(掲載号:2020年7月31日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/07/31/537047.html
出産後1年未満の母親と乳児のケアや育児サポートを行う「産後ケア」の充実に向け、藤沢など5市3町に在住・在勤の助産師を対象とした「湘南助産師会」(齋藤弓子会長)が11日、発足した。今後市町の垣根を越え、研修やセミナーの実施、子育て中の人が参加できるイベントなどを企画していくという。
同会には藤沢・平塚・茅ヶ崎・秦野・伊勢原・寒川・大磯・二宮の5市3町の助産師39人が所属。


福祉現場にも寄付対象拡大(掲載号:2020年7月31日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/07/31/537054.html
藤沢市は28日、「市医療従事者応援寄附金」の対象を福祉事業所にも拡大すると発表した。新しい生活様式に伴う負担増などから「市医療・福祉応援寄附金」と名称を変更し、受け皿を広げる。
寄付金は8月3日から9月30日までの間、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」や金融機関からの振り込み、市福祉医療給付課窓口などで受け付ける。


医療や福祉に106万円を寄付(掲載号:2020年8月7日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/08/07/538006.html
明治安田生命保険は4日、「藤沢市医療・福祉応援寄附金」に約106万円を寄付した。
同社が地域課題の解決や活性化に取り組む「地元の元気プロジェクト」の一環。市にゆかりある社員有志からの募金に同社が寄付金を上乗せするもので、関係者によると市への支援に約300口が集まった。


「ぐるんとびー」がダブル受賞(掲載号:2020年8月7日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/08/07/538008.html
大庭の介護事業所「ぐるんとびー」(菅原健介代表)が先月27日、「アジア健康長寿イノベーション賞」の準大賞に選ばれた。国内選考ではコミュニティ部門の「最優秀施設」に選ばれ、ダブル受賞。菅原代表は「地域の皆さんが土壌を作って、受け入れてくれたおかげ。これまで支えてくれた多くの人に感謝の気持ちでいっぱい」と話した。
同賞は日本政府によるアジア健康構想の一環で、健康長寿の達成や高齢者ケアの向上に資する取り組みを評価するもの。第1回目となる今回は、アジア12カ国・地域から約130件の応募が集まった。


子ども支援へチケット寄贈 藤沢商議所女性会(掲載号:2020年8月14日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/08/14/538748.html
藤沢商工会議所女性会(星谷けい子会長)は5日、市内のNPO団体が運営する子どもたちの学習・生活支援5事業所に「ふじさわ応援・前売りチケット」40万円分を市を通じ、寄贈した。
チケットは、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けている市内の店舗や事業者を支援するため、同商議所と市、市商店会連合会が連携し6月末まで販売したもの。飲食店や小売店など市内174店の中から事前に使用する店舗を決めて購入する仕組みで、8月1日から半年間利用できる。


可能性伸ばす 学びと体験 NPO法人ドリームエナジープロジェクト(掲載号:2020年8月14日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/08/14/538752.html
市内を拠点に、ダウン症や自閉症など知的障害のある子どもたちに「学びと体験の場」を提供しているNPO法人ドリームエナジープロジェクト。毎週末に歌や踊り、演劇、美術などの講座を実施し、一人ひとりの「可能性」に着目。演劇公演や音楽コンサートなどを開催することで、それぞれの魅力を発信する。「社会が持つ知的障害に対するイメージを少しでも良くしよう」。同団体は願いを込める。
内海さんは「私たちは共生社会の”入り口”のような存在。彼らの魅力を多くの人に知ってもらいたい」と話した。


障害者支援で感謝状 NPOから湘南営繕協会へ(掲載号:2020年8月14日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/08/14/538754.html
亀井野に本社を置く(株)湘南営繕協会(最上重夫社長)は5日、障害者の地域作業所を運営するNPO法人昴の会(杉下由輝理事長)から毎年の寄付に対する感謝状を受け取った。
昴の会は精神障害者の社会的な自立を支援するため、カフェなど地域作業所を運営している。その活動を知った最上社長は、自社や関係者に寄付金を募り、毎年年末のイベントで贈っている。


藤沢本町に安心の高齢者住宅 9/1入居開始 試食付き見学会16日から(掲載号:2020年8月14日号)
https://www.townnews.co.jp/0601/2020/08/14/538768.html
社会福祉法人伸こう福祉会が運営するサービス付き高齢者向け住宅「クロスハート藤沢本町」が、市内白旗1丁目にオープンした。8月16日(日)から31日(月)まで、「ご試食つき見学会」が開催される。予約制。
「クロスハート藤沢本町」は、外観はシックな色使いのおしゃれな造り。完全個室型で1DKを含む全21戸(約19平方メートルから約42平方メートルまで)。徒歩圏内に駅やショッピングモールがある好立地な場所だ。